2008年07月14日

「蓼(たで)食う虫も好き好き」

「蓼(たで)食う虫も好き好き」
人の好みはさまざまで、一概には言えないというたとえですね。
このことわざがあるせいで蓼(たで)って辛い・苦い・マズイといった印象が強いですよね。

でもこの蓼、鮎蓼(あゆたで)と呼ばれるほど鮎には欠かせない存在なんです。

鮎蓼(あゆたで)


鮎が市場に出回るわずかな期間だけこの鮎蓼も市場に出回ります。

ご自宅で鮎の塩焼きなんか作ったら、旦那さん大喜びですよ。
その際はご一緒に鮎蓼を。。




posted by しばた at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年07月03日

こんにちは。今日は静岡産ワサビをご紹介します。

味も辛さも本格ワサビ

もしかしたらチューブ状のものに慣れている方は生で見たことがないっていう場合もあるかもしれませんね。

確かにチューブ状のものは便利ですし、最近では味や辛さもしっかりしてきていますよね。

ただ、これから暑くなる季節、ざるそばを自宅で食べるといったときにワサビを買ってきておろしたてをめんつゆに入れて食べると味が格段に違いますよ!!

お店を経営されている方でも安心してお使いになれる商品をご用意しておりますので、一度足を運んでみてください。


posted by しばた at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(1) | 夏の野菜・レシピ

2008年06月20日

こんにちは、しばたです。
6月が最も旬な「実山椒」が入ってきました。

意外と知られていない実山椒

実山椒は山椒(サンショウ)の未熟な実のことで、粉山椒よりも香り・辛味が強いのが特徴です。ちりめん山椒は有名ですが、あれはシラスと実山椒を佃煮にしたものなんですよ。

山椒と言えばもうひとつ、みなさん「木の芽」ってご存知ですよね??
手のひらでパンと叩くといい香りがして、吸い口として使うあれです。
その「木の芽」、実は山椒の葉だってご存知でした??これ、意外と知られていないんです。

実山椒は佃煮に良く使われますが、角煮やチャーシューなんかを自宅で作る際にお肉の臭み消しとして生姜やネギのように使うと、案外使えますよ。
仕上がりが上品になります。
ただし、香り・辛味ともに強いので入れすぎにはご注意を。
普通の大きさの鍋で作るとしても5粒も入れれば十分です。

posted by しばた at 13:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年06月18日

今日ご紹介するのはちょっと変わったトマト。
何が変わってるってその大きさ。マイクロと言うだけあって初めて見たとき、

「ちっさ!!」

と思わず口から出たほどのマイクロトマト。

マイクロトマト

ブドウでもチェリーでもありません。「マイクロトマト」です。

もっとその小ささがわかるように、

マイクロトマトを普通のトマトと比べてみた

普通のトマトと比べてみました。
やっぱり小さい。これ普通のトマトの成長過程とかではないんです。
れっきとした大人のトマト。味も普通のトマトよりさらに濃厚です。

こっそりとサラダに入れて旦那さんやお子さんを驚かせてみませんか??
posted by しばた at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年06月10日

長崎県産のとれたてとうもろこしが入荷しました!!

長崎県産とうもろこし

身がぎっしり詰まっていておいしそうでしょう。

そこで、簡単だけど少しの工夫で美味しさが違ってくるとうもろこしのゆで方をお教えします。


  1. まず外皮をむいていき、最後の1枚の皮とひげは残した状態で水洗いしてください。

    • ここがポイント
      皮がとうもろこしの甘みを閉じ込めてくれます
      ひげには利尿作用がありむくみ解消に効果的

  2. 茹で水を作ります(水1ℓに対して塩大さじ2杯程度)

  3. なべにとうもろこしを入れ、ひたひたになるくらいまで茹で水を加えます。

  4. 水から火にかけて、沸騰後10分間茹であげれば完成

posted by しばた at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年06月06日

梅酒に最適、大ぶりな長崎産梅

みなさん、おいしそうな長崎県産の青梅が入ってきましたよ。
これを使って、おいしい梅酒を作っちゃいましょ。
しばたでは形のいいものを自分で選べますので、じっくり選びに来てくださいね。

それでは、簡単梅酒レシピのご紹介。

【材料】
青梅:1kg
氷砂糖:600g前後が目安
焼酎:1.8リットル

【作り方】
  1. 青梅は、丁寧に水洗いした後、たっぷりの水に2〜4時間つけてアク抜きしてください。

  2. アク抜きが終わったら水気を充分にきり、なり口のホシを、楊枝などで丁寧にとり除きましょう。

  3. 殺菌した保存ビンに、青梅と氷砂糖を、偏らないように交互に均等に入れます。

  4. ビンに焼酎を、注ぎ入れるのですが、静かに入れてくださいね〜。

  5. このまま静かに3ヶ月置くと、あっさりとした梅酒の完成です!!


posted by しばた at 12:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年05月21日

みなさん、花穂・穂じそってなんだか分かります??
お刺身のツマなんかでお店に行くと出てくるアレです。

花穂

お店で出てきても飾りだと思って食べない方多いですよね。

上の写真は「花穂」なんですが、紫蘇(しそ)の花なんですね。

そんな、花穂を目にしたけれど飾りだと思って残していたあなた!!

いい方法をお教えします。
軸のてっぺんを手で持って、箸で花だけをお醤油に散らせば、あら簡単、香り醤油のできあがり。
ちょっとこなれた感じがしますよね(笑)
お料理を作っている方も「このお客さんはわかってるなぁ。。。」と唸るはず。

スーパーで買ってきたお刺身を皿に盛り付けて、この花穂を添えるだけでちょっといつもとは違った食卓になりますよ。

お試しあれ。

posted by しばた at 14:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年05月19日

みなさん、辛くない唐辛子って知ってますか??

hushimitougarashi.gif

いくつかあるんですが、今日ご紹介する「伏見唐辛子」もそのひとつ。

10本に1本くらい辛いのが混じっていたりするするみたいですけどね^^;

正式な品種名を「伏見甘」といって京都の伝統的なお野菜です。

京都と言えば有名な「万願寺唐辛子」。「伏見唐辛子」はそのいとこといった感じ。

あまり熱を通しすぎるとヘタってしまうので、さっと炒めるか、天ぷらなんかよく合うと思いますよ。

みなさん、いかがですか??
posted by しばた at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2008年05月14日

今回しばたがお届けするのはお料理の名脇役、みょうがです

花ミョウガ・棒ミョウガ.gif

見慣れたミョウガの後ろに見慣れぬミョウガのような棒が・・・。

そう思われた方、イエイエこれも立派なミョウガなんです。

みなさんが見慣れているミョウガは「花ミョウガ」。これは蕾なんです。

後ろの長いのは「ミョウガダケ」あるいは「棒ミョウガ」といわれ、若い茎を伸ばして軟化させたものなんです。

このミョウガダケは3〜5月が旬ですので、今が一番おいしい季節です。

食べ方は普通の花ミョウガのように使って全然OKです!!

せっかくなので、「ミョウガの甘酢漬け」レシピをお教えします。

是非、作ってみてくださいね。これで夏バテにも負けない!!

posted by しばた at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ

2007年08月21日

オクラ

オクラです。
オクラはとても栄養価の高い野菜で、夏バテ
解消にはもってこいの野菜です。
酢もの、和えもの、天ぷら、スープ等と使え
ます!
posted by しばた at 18:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 夏の野菜・レシピ